カジノ誘致の是非を決める住民投票を実現するためにご協力を!
カジノ誘致の是非を決める住民投票を実現するためにご協力を!

緊急事態宣言を受けた当会の対応

 現在、新型コロナウイルスのパンデミックによる緊急事態宣言を受け、ウイルスの拡散を防止の観点から当初予定していた本署名開始を2020年春から秋口をめどに延期し、街頭での署名集めサポーター(受任者)募集活動や宣伝を停止し、限定した人数で請求代表者の押印作業などをすすめております。

 引き続き受任者登録はインターネットで行っております。また、クラウドファンディングにもご協力お願いいたします。

はじめに・ご挨拶

 私たちは横浜市に居住又は勤務する市民の有志で構成する市民の会です。

 林市長はIRカジノ誘致に関して「白紙」として当選し、2018年12月の議会でも「白紙」を表明していたにも関わらず、昨年8月22日に住民の意思を問うことなく、突如として誘致することを表明しました。これは主権者である多数の横浜市民の信頼を裏切り、民主主義を否定する行為です。

 私たちは「IRカジノ誘致の是非は市民が決めるべき」との思いで住民投票を実現するため、幅広い皆さまのご賛同とご支援を必要としています。

プロジェクトを立ち上げた背景

 今回このプロジェクト立ち上げたのは、民主主義の原点である「自分たちのことは、自分たちで決めよう」という主権者として当たり前の運動をするに当たって、その自分たちの意思を実現する為には多額の資金が必要となります。

 国際カジノ資本や横浜市の億単位の宣伝予算と攻勢に対して財政力のない一般市民が対抗するために、資金集めの選択肢として広く支援を求めるためにクラウドファンディングを企画しました。

クラウドファンディングへのご協力を

 2017年の市長選挙の際、「カジノは白紙」と言った林市長が突然カジノIR横浜誘致を進めると発表しました。私たちは、歴史、文化豊かな横浜の街の未来が決まる事柄を、世論調査でも明らかな「カジノはNO!」という民意を無視することを許さず、市長や市議会のリコールも視野に住民投票を求めてゆきます。

 この運動にはチラシや集会の準備、今後の署名簿の発送などで1000万円を大きく超える費用が必要となります。ぜひ、クラウドファンディングへのご協力をお願いいたします。

寄付¥1,000

↑寄付するにはアイコンをクリック↑

※クレジットカード決済以外をご希望の方はこちら

リターン

お礼メールをお送りします。 また、ご希望の方には活動報告を送らせていただきます。


寄付¥3,000

↑寄付するにはアイコンをクリック↑

※クレジットカード決済以外をご希望の方はこちら

リターン

特製缶バッジとお礼メールをお送りします。 また、ご希望の方には活動報告を送らせていただきます。


寄付¥10,000

↑寄付するにはアイコンをクリック↑

※クレジットカード決済以外をご希望の方はこちら

リターン

特製缶バッジとお礼メールをお送りします。 また、ご希望の方には活動報告を送らせていただきます。


寄付¥100,000(小林節直筆レター付き)

↑寄付するにはアイコンをクリック↑

※クレジットカード決済以外をご希望の方はこちら

リターン

小林節共同代表直筆のお礼状と特製缶バッジをお送りします。 また、ご希望の方には活動報告を送らせていただきます。


寄付¥100,000(小林節の講演付き)

↑寄付するにはアイコンをクリック↑

※クレジットカード決済以外をご希望の方はこちら

リターン

小林節共同代表が要望に合わせて出張講演を行います。日程や時間をご相談させていただきます。当日の交通費は実費をお支払いください。また、ご希望の方には活動報告を送らせていただきます。


直接振り込みに関して

クレジットカードをお持ちでない場合、または決済対応していなカードをお持ちの場合は、大変お手数ではございますが以下の口座への振り込み、振り替えでのご入金をお願いいたします。

入金後に住所、氏名、電話番号、入金金額(リターンの種類)をinfo@yokohama-shiminnokai.orgまでお知らせください。

よろしくお願いいたします。

横浜銀行(銀行コード:0138)
横浜市庁支店(店番号:317) 普通 6055195
カジノの是非を決める横浜市民の会 会計責任者 阿佐美茂樹

ゆうちょ銀行     
<郵便振替>
口座記号 00200-3    口座番号 142264
加入者名 「カジノの是非を決める横浜市民の会」